SCANDAL 少女S PV動画 ミュージックコレクション

PV・MV・ミュージックビデオなどの無料動画視聴・試聴ブログ。 最新JPOPのPV/MVのビデオクリップ・プロモーションビデオなどの動画を無料で視聴/試聴できます。

スポンサーサイト 【PV視聴 動画】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

スポンサー広告 | [ --/--/-- --:-- ] TB(-) | CM(-)

SCANDAL 少女S 【PV視聴 動画】

SCANDAL 少女S

SCANDAL 少女S 無料PV視聴動画は、2009年6月17日に発売の3rdシングル。アニメ『BLEACH』のオープニングテーマ。

少女S少女S
(2009/06/17)
SCANDAL

商品詳細を見る

SCANDAL 少女S


「少女S」(しょうじょエス)は、日本のバンド・SCANDALの3枚目のシングル。

Girls=少女たち、というタイトルに込められる思いは強く、女性がたくましさを増している時代の中で、物怖じせずあからさまにぶつかっていく姿や、心の奥のすごくシンプルな想いを真っ直ぐに表現したロックナンバー。

前作「SAKURAグッバイ」から3ヶ月ぶりのリリース。
通常盤と初回限定盤1、2の3種でのリリース。テレビ東京系アニメ『BLEACH』のオープニングテーマに起用され、初回限定盤1にはBLEACH描き下ろしワイドキャップステッカー仕様1、BLEACH描き下ろし透明ステッカー1、BLEACH描き下ろしスペシャルメモ帳が封入、2にはBLEACH描き下ろしワイドキャップステッカー仕様2、BLEACH描き下ろし透明ステッカー2、BLEACH描き下ろしポスター(裏面にはSCANDALの絵柄)が封入される。
表題曲である「少女S」のPVは品川庄司・品川ヒロシが監督を務めた。これはメンバーのHARUNAが品川の監督作品『ドロップ』を観て感動し、品川に手紙を送ったことがきっかけとなっている[2]。そのためかPVで使用した学校は「ドロップ」で登場した学校と同じものである[3]。また品川がPVの監督を務めるのはこの作品が初[4]であり、品川の友人であり芸人仲間でもある次長課長の河本準一が出演している。着うたでは5月13日から先行配信され2日間のみでダウンロード数が10万件を超えた[1]。また、この曲のはじめと間奏と終わりにスラップ奏法(チョッパー)を取り入れている。
ちなみにタイトルの「少女S」とは、少女S⇒Girls⇒少女たちという意味の言葉遊びになっている。

1.少女S
(作詞:TOMOMI/作曲:田鹿祐一/編曲:イイジマケン)
テレビ東京系アニメ『BLEACH』オープニングテーマ
ニンテンドーDS用ゲームソフト『BLEACH 4th: フレイム・ブリンガー』オープニング曲
2.ナツネイロ
(作詞:RINA、小林夏海/作曲:MASTERWORKS/編曲:西川進)
3.FUTURE
(作詞:RINA、小林夏海/作曲:浅見武男/編曲:西川進)

話題騒然の甘いだけじゃないROCKIN'ガールズバンド第3弾シングル!

大阪発 ガーリーガレージバンドSCANDAL待望の3rdシングル。デビュー前からインディーチャートを賑わせ、アメリカ・フランス・香港の音楽大国でライブを敢行し海外メディアからも注目をされるなど驚異的な活動を展開。昨年10月に発売したデビュー作「DOLL」は、40局ものFM/AM/CS/パワープレイを獲得し、多くのテレビ歌番組にも出演し、怖いもの知らずに時代を駆けるパワフルなガールズバンド登場を強く印象付けました。そんなSCANDALの新作「少女S」は、Girls=少女たち、というタイトルに込められる思いは強く、女性がたくましさを増している時代の中で、物怖じせずあからさまにぶつかっていく姿や、心の奥のすごくシンプルな想いを真っ直ぐに表現したロックナンバーになっています。日常の矛盾をそのままにしておきたくない、大切な人が側にいないとイヤだとう素直な感情、そういうこと全てをぶっちゃけるガールズパワーを骨太ロックサウンドでストレートに表現しています。また、2パターンの初回生産限定盤のM3はそれぞれ違う曲が収録されていて、色んな歌世界を幅広く楽しめるようになっています。必聴です!

◆M1「少女S」:テレビ東京系アニメ『BLEACH』オープニングテーマ(2009年4月14日~9月末まで)



関連記事

ブログパーツ アクセスランキング
RSS

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PV動画カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。